なぜ、へん平足や外反母趾になるのか?

Fotolia_54611935_Subscription_XXL1.jpg

足のお悩みの代表例として、「へん平足」「外反母趾」が挙げられます。
その他にも「ハイアーチ」「内反小趾」「ハンマートゥー」など、足のお悩みは様々です。

ではなぜ、そんなことになるのでしょう?
原因の一つに「筋バランスの崩れ」が挙げられます。

骨に筋肉がくっついていて、筋肉が骨を引っ張ることで関節を動かしますが、対になる筋肉のどちらか一方だけが強ければ、強い方に引っ張られたままになりますよネ?

そういうことで関節が片側に傾いたままになったり、歪んでいたりするわけです。

では、それを修正するにはどうすればいいのか?
すごくシンプルには、短くなった方をストレッチし、長い(緩んでいる)方を鍛える、ことが必要です。

というところで、トレーニングは絶対に必要です。
甘えてはいけない!厳しい!笑

インソールにも様々な種類がありますが、アーチを持ち上げるなどして骨の配列を整えるものが多いですヨネ。
それによって半ば矯正的に、骨配列を整えようという仕組みです。

TAKEインソールはそれだけではありません。
むしろ骨配列の矯正という点ではかなりマイルドな作りになっており、違和感を出さないことを重要視しています。

「動き」を整えます。
具体的には足底圧中心と身体重心の位置関係を整えるということです(ややこしい)。

身体重心が骨盤のやや前あたり、足をそれよりも前につけば身体は後ろに倒れ、後ろにつけば身体は前に倒れます。
左右に関しても同じ。右足と左足をアベコベにすれば身体は回転することになります。

TAKEインソールでは、

足圧中心位置と身体重心のバランスを修正し、動作を整える

動作が変われば動く筋肉が変わる

履いたまま運動するとある筋はストレッチされ、ある筋はトレーニングされる

調整を経て、インソールが必要なくなる

という仕組みです。

動作が変わるので初めは違和感や筋肉痛が出ることもあります。
その場合は無理せず、ご相談ください。

違和感や過度の筋肉痛で、運動量が減っては元も子もありません!
もう少し調整をマイルドにし、ゆっくり時間をかけて、より良い状態を目指しましょう。

トレーニングで鍛えるということが最も大切なのですが、その状態を保つのはなかなか難しい。
インソールだと履いているだけでその状態が保ててとても便利です。


体を鍛え、それをより良くするためにインソールを使うことをお勧めします。
トレーニングやコンディショニングに関しても、ご質問などあればいつでもドウゾ!

スポーツやアウトドアアクティビティをさらに楽しむなら、身体はよく動いた方がいいに決まってます!

この記事へのコメント